ビジューバレッタ101

前回作ったこのバレッタが思いの外大変すぎて、もう作るまい作るまいと思いつつ、やっぱり作りたくてうずうずする病。




私はアクセサリーを作る時、事前にデザインを決めることはほぼなくて


その時々にぱっとスワロフスキーを取って決めて行くんですが、悩むこともないんです。



だけどバレッタは本当悩む…。

全体のバランスが取れるか、無駄がないかすごく頭を使います。



言うなれば今までネイルアートとかポストカード描いてたのに急に街の壁にアートしろ、みたいな…。



同じ描くでもサイズ違えばいつもと違う頭の部分を使わなくちゃいけない感覚。





後はまだバレッタを作り出して間もないので、お客様の反応が見えないというのもあるかもしれません。







↑これの下のパーツはナチュラルパール。
絶対バレッタに使うようなパーツじゃないけど贅沢に使ったぜ🤞🏻







中央下の枝パーツも間違いなくバレッタに使うパーツではないんだけど、そういうものが上手くハマった時、本当に嬉しくて。




かなり動きが出た、だけど色味を抑えてるので上品なバレッタになったと思います。




…とふと時計見たらバレッタ作り出して

4時間経ってた…



4時間は確実に一つの作品にかけた過去最長だな。



バングルよりビッグサイズのイヤリングより細々としたデザインになってます。

商品ページはこちら。



本当、ドレスの刺繍をしていたような気分。


中々難産でしたが出来上がってからずっと角度を変えて眺めています。

0コメント

  • 1000 / 1000