バングルってどうなってんの?


というご質問をよく頂きます。

そりゃそうだよな、直接手にして買えるわけじゃないんだもん。もっとネットで買うにしても手に取れない不安を安心で埋めれるようになったらいいなと今色々考えています。




バングルを着けたお客様から頂いた写真がこちら。


意外と多い質問が、


「私どのバングルも抜けちゃうんですけど、大丈夫でしょうか?」



イラストの上二つパターンだとそうなりますよね。
腕あげたらバングル二の腕いっちゃってるやんパターン。



このタイプのバングルでは腕の細い方まず抜けないです。
お客様に抜けてしまうって言われたこともありません。


仮に抜けるとしたら手首ではなく拳の大きさ。




手をパーにしてたらバングルは止まるかもしれないけど、例えば三歳の子がグーして着けたら取れるかもしれないですよね。


 


ここで唐突ですが私は

めっちゃ手が小さいです。




以前小3男児と同じ大きさでした。

ネイリストを10年以上してるので、普通の人より手を触る機会多いけど、それでも人生で私より手が小さい人に出会ったことありません。



「私、手とか爪が小さすぎて…ネイルアートできますか?」

っていう人の一間節分わたしの手小さいんです。


握力計届かない。
リコーダーの穴塞げない。
ピースサインは小指浮いてる。

ネイルの長さでドーピングして生きてる。




よーくみてみてください、この小指の爪の短さ…。
長さを二倍以上出してようやく人並みの長さ。

ネイル外したらまじシジミ。






そんな私でも


「やば!バングル落としてしまうとこだった!」


ってなりかけたこと全くないので大丈夫だと思います。


一時はバングルの販売を辞めていた理由




このバングルの素材を見つけた時は



「これだ!!!!!」




と。

  • スワロフスキーをたくさん着けてもひっくり返らない。

  • その重みに耐えられる。
(1本ラインでなく2本ラインであることが重要)


  • フリーサイズ


  • 着けやすく外しやすい


  • 着用時取れたりしない、また入らないということにならない。


ついに見つけたぜ…!!!!


さっそく手に入れて検証してこれは販売しよう!!!となったのですが、それも束の間、国内でバングルパーツの生産が終わっていることが判明。



売り出していきたいけど、もう残りが少ないバングルを販売しても混乱するなぁ…とずっと悩んでました。


バングルは販売当初から反響がかなり大きくて、販売を辞めた後もお問い合わせをずっと頂いていたので、余計心苦しかったです。(これが出産直前だったから2016年頃かな?)



でもどうしても諦められなくて、日々血眼で探してて、一年半くらいかけてようやく海外で販売してくれるところを見つけたのが最近。



しかも新しいデザインのバングルも手に入れたので、これはまた今度に。




話が逸れましたが、バングルはそういった思いで探したものなのでいつも腕から抜けちゃう、気がつけば飾りが裏向いてるー!というストレスのある方にこそ使っていただければと思います🙆.  




バングルデザインは多分永久に作れると思う。


だから同じものは2つとして絶対作りません。

是非世界に1つのカラーを手に入れてくださいね。



0コメント

  • 1000 / 1000