スワロフスキーのシューズクリップ


元々は色留袖を着るはずがドレスも着ないといけなくなってしまった弟の結婚式にいく靴を探していたとき。


一切の娘も抱っこしないといけないからローヒールでさくさく歩けるやつ…と探してたら奇跡的に見つけたこの子。

jetee



色違いで全部買おうかと思うくらい肌に馴染んでペタンコ靴のように歩ける素晴らしさ。

しかもお値段も1万円ジャストくらい。


これはこれでいいんだけど、ローヒールだとなぜか全体的なデザインもシンプルめなのが多いイメージ。


 
結婚式に買ったルブタンのbodystrassはぺたんこも派手で可愛いんだけどな。




普通に街中で売ってるデザインじゃないところもいい。


お金が余りまくってるなら絶対買う。




ないものは作ろうぜ精神





というわけで、透かしパーツをシューズクリップにガッと挟み込み土台づくり。



これで物理的にシューズクリップとキラキラ部分の土台が外れてしまうことはなくなった👌🏻


ちなみにシューズクリップは

パーツクラブのシューズクリップ。
¥120!

失敗してもいいや!と購入。


これと透かしパーツのくっつけ方は結構分かりにくかったので店員さんに教えてもらいました。





裏から見たら結構大きい透かしパーツなのわかるかな。


もっと小さいものや丸い透かしパーツ使ってたらまた印象変わると思う。



ここからは接着剤でスワロフスキーをがっちりつけていきます。



いろんなカットのストーン使うと光の反射がそれぞれで歩いたときの輝き方が面白い。


そして私は左右非対称に作りたくなる病なので、本当気ままにクリスタルのせていきます。




シューズクリップのいいところ



着脱簡単!

着けたい時だけつけて、お洋服とのバランス見て押さえたい時は取ればいい。


いろんな靴でアレンジ楽しめる

今回はシューズクリップデビュー作だったのでオールクリスタルにしてます。


靴を選ばないと思うので、ピンクの靴でもレオパードの靴でもすぐに華やかに変身できます。


全然痛くない!



今回実験的な意味を込めて


片方は肌に当たらないようにリボンにシューズクリップをつけて

もう片方は肌に当たる直接靴の部分につけました。



でもどっちがどっちだっけ?って歩いてて分からない位にどっちも全く痛くない。
これは中々よい収穫でした。


プレゼントしやすい


靴はサイズや履き心地があるけど、シューズクリップはその点が自由なので自分以外の人にあげる時デザインだけで選べるのは中々いい。


イヤリングやバングルプレゼントするのとはちょっと違うかな…。


言うなればブローチや帯留めとかが近いかな。


なくても困らないけど、あると嬉しい。
サイズとかも特にないし腐るものでもないみたいな。



また機会があれば動画も撮ってみます🙆

0コメント

  • 1000 / 1000