現段階で最高なストーンやパーツの収納方法をようやく見つけた!②



ようやくそのケースやら作って見て分かったこと諸々書きますね!

 

\デデン!/



恐らく最近発売された

無印良品の再生PETで作られたフレーム二個セット!



二個セットで¥199だぜ…?

我が地域は田舎だからかハガキサイズは売ってませんでした( ◠‿◠ )

なので私が使ってるのはL版です!

ちょっと小さめ。だがそれがいい!


厚みはそんなにない透明ケース。


上側は完全にくっついてて、パコっと開閉できます。


蓋を乗せるだけケースだと、サイドをマスキングテープで止めないといけないし、そしたら途中中身を足したり変えたりしたいと思ってもテープ剥がさないといけなくて面倒だからこれはありがたい!


こんな感じで用紙に両面テープ貼って、ストーンを並べて蓋を閉めてます。
(個人的には両面テープはスポンジでなく普通の方が好み。スポンジタイプだとストーンの跡が残りやすいのと蓋閉めた時ケースについたりしたらやだな…と思って、最初はスポンジにしてたけど普通タイプに変えました)






中に使った用紙はこちら。

これはダイソーです!


サイズが若干ケースのL版サイズより小さいんですね。


最初、L版サイズと間違えてこっち買っちゃってぴったりサイズより隙間が空くのが嫌で、L版用紙買い直して作り直して…ってしたんですが


L版サイズぴったり用紙だと石を入れてる分しわが…!!!!



嫌だ、気になる…:(;゙゚'ω゚'):





と言うわけで見比べてこっちの無地の情報カードを採用!



ちなみに両面テープ貼って剥がす時は


普通に手で外したら紙にしわが行くのが嫌だからこういう手芸するときの棒(つまようじとかでもいいかも)を差し込んで使ってます。





これで、裏に同じ用紙をもう一枚入れて色名とかどこで買ったとか何年発売のカラーとか色々書く予定!




手で持つとサイズ感分かるかな?

結構小さいと色々ジャンルわけしやすくていいんだな。



ハンドメイドパーツなら

・スワロフスキーのシリーズ別とかオパールカラー、クリスタルカラー、型番ごとに分けて作れる。


(スワロは金具セッティングして14×10のドロップとかもちゃんと入る厚みでした◎)


これなら新しく絶妙なカラーが出てもまた新しい紙に貼り直してケースに入れればいいし発狂せずに済む笑!


なんせケースに直接両面テープ貼るのは嫌なんだー!



・天然石、アクセサリーパーツ、金具別などで収納





ネイリストさんなら


・2018/7月のキャンペーンネイルとかオフィスおすすめネイルとかジャンル別で並べてケースにすると見やすいと思う。

(チップは余裕で入る厚み)


・パーツもシェルパーツで一つのケースとかスタッズで一つのケースって作れば新商品が出ても足しやすいと思う。

(作り直しても用紙1円だしえらい!)


・チップサンプルとかオーダーチップ作るときも作業途中でも蓋できるので楽!


そのままお家に持って帰ったり、別店舗に持って行ったりできるし。






前記事でも書いたんですが、私は将来またアクセサリーの展示会をやりたくて。



バングル作る時とか、オーダーのご相談を受けるときに直接スワロフスキーのストーンのお色をお客様にお見せしたいんですよね。



その展示会場は今サロンのある兵庫かもしれないし、東京とか…いや全国周りたい!パリとかNYでもやりたい!(大きく出た)


そういう時に1番コンパクトで、蓋が閉まって一粒だけ紛失したりしなくて、色々並べて見たい!という願望にどんぴしゃでした。


(大きいケースにずらっと並べてると、この黄色と緑組み合わせたらどんな感じ?とかお客様掴みにくいと思うんだな。素材と素材の距離があるからイメージ湧きにくいというか。
小さいとケースだと、ケースごと動かして融通きかせやすいし)




イメージでいうと、住宅のタイルとかの素材ファイルをさらに小分けにして蓋つけた感じ?






1ケース作ってもほぼ¥100だし、作り直すのも簡単だし本当いいんじゃないか…?と思います。


もっといい使い方とか用紙があればぜひ教えて欲しいですー!

0コメント

  • 1000 / 1000